旅ゆけば~よろずな diary~

旅の記録と日々のあれこれを綴った日記です。

【たてしな薫風(かおるかぜ)】約2年ぶりのご褒美。和モダンなお宿に露天風呂付き客室で、気分はすっかり由美かおる⁉

到着前に立ち寄った 蓼科 白駒の池 9月の半ば頃のこと。 朝、新聞を読んでいると、某大手旅行会社のJ社が本社ビルを売却という記事が J社と言えば、私が旅行積立をしている(コロナ渦で積立て自体はやめてしまったが、残高が残っている)会社である。 ああ、…

秋が来た。そして突然『一人親方』の妻になったのだ・・・のお話。

先月末、夫が会社を退職した。 60歳を過ぎたし、世間では定年退職っていうお年頃でもあるのだけれど、夫の場合ちょっと事情がちがう。 夫は会社員といっても、電気工事士。 いわゆる現場職人、ガテン系である。 会社の社長が80歳を超え、息子さんは障がい者…

思い切って美容院を変えたら、心地よい時間が待っていた・・・お話。

かれこれ6~7年通っていた美容院を変えた。 きっかけになったのは、夫の車の助手席に座っていた時に、新しくできた美容院を発見したときのこと。 「あ、ここに美容院できたんだね。今度、ここに来てみようかな。」 「えっ?いつも行ってるとこ、よかったん…

「あの日から54年?」母の言葉に改めて親に感謝したささやかな自分の生誕祭。・・・のお話。

9月になって、急に涼しくなりいっきに秋が来た感じだ。 そして・・・・・・またひとつ歳をとった。 お約束で、はっぴーばーすでーとぅみー。 あ、もうこれから歳は「重ねた」って言ったほうがカッコイイのかな。 写真は、夫が買ってきてくれたケーキ。ふた…

型破りの韓国ドラマ『サイコだけど大丈夫』は、意外にもトラウマとセラピーの学びがあったのだ!・・・のお話。

ここ最近は、しょっちゅう韓国ドラマの紹介ばかり書いていて恐縮ですが・・・・ 韓国ドラマの初心者からの、不時着おばさんになって半年もとうに越えて。 またもや衝撃的な作品に出会ってしまいました! それが、ちょっと過激な日本タイトル、 『サイコだけ…

コロナワクチン接種と、得体の知れない頭痛。そして7回目の「愛の不時着」・・・のお話。

いよいよ私も、新型コロナワクチン1回目を接種してきました。 ファイザー製です。 色々なところで様々な副反応の話は聞いてきたけれど、母も夫も比較的軽いというか、筋肉痛のような多少だるいかなーくらいだったので、あんまり深く考えず次の日休みも取る…

人にレコメンドする幸せ。それは、あの時できなかったこと。・・・のお話。

オリンピックというと、思い出すちょっとした場面がある。 若い頃の汚点というか、恥ずかしかったなーっていう出来事。 あれは、2004年のアテネだったかな。 アテネ五輪と言えば、メダルの数にしても内容にしても、そしてゆずの名曲「栄光の架橋」が印象的で…

ヒョンビン沼からあえて抜け出して「トッケビ」をみた。そして、誰かを「気にかける」人でありたいと思った。

ついに、ヒョンビン沼から抜け出した。 「ヒョンビン沼の歩き方」のような先人のブログを読みあさり、ドラマ9本を全部観たい!と意気込んでいたのだが。 (ちなみに全部観ると168時間なんだそうだ。沼は広くて深い。) だってね、ヒョンビン氏の出演作品をコ…

『世界ふれあい街歩き』でロシア・ウラジオストクをバーチャルお散歩♪・・・のお話。

今朝、録画しておいた『世界ふれあい街歩き』を観た。 言わずと知れた、旅好きにはたまらないNHKの長寿旅番組。 このテーマソングを聴くと、こころがはずむ。 youtu.be 韓国ドラマにハマる前は、お休みの日はこうやってBSの旅番組を録画しといたのを観たり、…

『不時着しても終わらない』で、もっと韓国を、そしてヒョンビンを知る。最高の一冊!・・・のお話。

あれから・・・・。 まだまだヒョンビン作品を見続けている。 きのう見終わった『雪の女王』全16話。(Amazonプライムにて) 2006年のドラマなのだけれど、アンデルセン童話と同タイトルなゆえ、ファンタジーかな?などという軽い気持ちで観てはいけなかった…

「シークレットガーデン」と「愛の不時着」は、全然違うようでどこか似ている・・・と思ったお話。

BS-TBS 韓国ドラマ「シークレット・ガーデン」 この旅ブログも、コロナ渦でだいぶ変わってきた。 まずは読んだ本のことが多くなり、最近では「愛の不時着」から始まった韓国ドラマやヒョンビン沼の話題が急速にヒートアップ! 前回も書いたけど、人生どうな…

『アルハンブラ宮殿の思い出』を観る。もしかして今、私はヒョンビン沼にドボンなのか?・・・のお話。

アルハンブラ宮殿 ウィキペディアより 「愛の不時着」のドラマの中で、自分も「そうだよね~」と思わずうなずいてしまう印象的なシーンがある。 クリスマスを祝うことをしない北朝鮮で、韓国から不時着してしまった主人公セリが、お世話になったリ・ジョンヒ…

今やらなくていつやるんだ!GWに人形供養をお願いしてみました。

いまは五月。子どもの日も過ぎて、今日は母の日だというのに雛人形? (※写真は、フリー素材をお借りしました) 多分、コロナ渦で出かけられないこの機を利用して、断捨離や家の片づけをされた方も多いのでは?と思います。 わたしも去年のこの時期から片づ…

『幸福の黄色いハンカチ』の島勇作に、いまさらながら惚れてしまったお話。

わたしの1年の中で、いちばん休みの期間が長いのはゴールデンウィーク。 今年は7日間の連休で、しかも予定も中止や自粛になったので、またもや今年も家で過ごすこととなった。 この状況にぴったりの読書時間~♪ すでに5巻読み終えて、次は6巻目。 outblue69…

黒岩重吾『さらば星座』を再読して、せめて心の旅をしようと思うのだ。・・・のお話。

またもや戒厳令いや・・・緊急事態宣言が発令され、GW連休のささやかな楽しみも中止や自粛せざるを得ない状況になった。 まさかまさか、旅行には行けるとは思ってなかったにしても、またもやステイホームを推奨されるなんて。 残念ではあるが、家で過ごすの…

マンツーマンのメルカリ講座と10年来の自己紹介タイム?・・・のお話。

もうすぐ50代半ばという、わたしの世代。 PCやスマホの扱いに限って言うと、なんとも微妙な世代だなーと思う。 普通に使いこなす人もいれば、「そういうの、全然ダメなのよ」っていう人もいる。 さすがにラインはしないっていう人は少なくなったけれど、アプ…

激安衣料品店『服のタカハシ』で素敵なトレジャーハンターを♪・・・のお話。

タカハシ - everyday low price | (tasm.co.jp) 友人が、「服のタカハシ」という衣料の激安ショップにとりつかれているという。 「コロナ渦のストレス解消に、トレジャーハンターするの!」 話を聞くと、安さはユニクロやしまむらどころの騒ぎじゃないらしい…

石の上にも三年。働く自分をたまには褒めてあげようと思ったお仕事の・・・お話。

三月は、慌ただしく過ぎていくここ数年。 3歳から高校生まで300人近く通う、塾のような学校のような施設の総合用務係の立場にいるのだが(平たく言えば用務員のオバサンですね♪)何しろ教育機関なので新学期の準備でバタバタと忙殺の日々。 夢の中でも何かに…

【津久井湖ドライブ】思いがけずの熟年ワゴン。ちいさな春をみつけてリフレッシュ!・・・のお話。

還暦になった夫が、最近フリマアプリ「ジモティー」を頻繁に使っている。 年齢の割には意外にもヤフオク、メルカリなどフリマ関係は私よりも始めたのが早く、「ジモティー」にいたっては私も未知の世界なので、その部分では尊敬しています(笑) ジモティー、…

中国大連へ懐古と回顧の旅。久しぶりに旅行記を書いてみたくなった・・・お話。

毎年この時期になると病気療養から復活した3年前を思い出す。 仕事を再開して、目に映る景色にも色が戻り、「生きている」っていう命の息吹のようなものを感じたこと。 そして、忘れられない旅も一緒に。 2018年3月末に週末2泊3日で行った中国大連へのひとり…

辻村深月「傲慢と善良」を読んで、婚活やお見合いをしてこなかった自分に気づいた・・・お話。

いよいよ街を走るカーキ色の車もジープに見え(重症だ。汗)中隊長を探しているおかしなオバサンになっている私ですが、(あ、また「愛の不時着」の話です・・) そんな我らのリ・ジョンヒョク中隊長の、 「好きでなくても結婚はできるけれど、他の人が好き…

これからは「ひとり上手」って大事なことかもしれないと思った・・・お話。

先週のこと。 朝からラジオで、中島みゆきさんの「ひとり上手」を流していた。 誰かのリクエストかな? 懐かしいイントロ。 たしか「臨月」という意味深で生々しいようなタイトルのアルバムに収録されていて、シングルにもなった曲だと記憶している。 そう、…

むやみに「わかる~」と言いたくないから、思わず自分の過去を話してしまった・・・お話。

いまの私の仕事は基本持ち場は一人で、シフトは早番・遅番の2交代制。 ただ交代の時間の2時間だけ忙しくなる時間だし、引き継ぎもかねてふたり重なるという勤務体系。 一人で不安なこともあるけれど、人間関係のゴタゴタがないのはありがたいし、その2時…

この爽快感がいい!昔取った杵柄が、チームに素敵な笑顔と勝利をもたらした・・・お話。

先日、調布市にある『武蔵野の森総合スポーツプラザ』という場所へ行ってきました。 さて何をしに? 今まであまりブログでは書いてこなかったのですが・・ 実は、かれこれ40年ぐらい前の学生時代から、某Tがつくスポーツ(すみません、卓球です)を、かなり厳…

「愛の不時着」に不時着してしまって、自分が帰ってこれなくなりそうだぁー。・・・のお話。

韓ドラ初心者の私が、いまさら「愛の不時着」にハマって20日余り。 どこにも出かけなかったのに、楽しいバラ色な年末年始を経て、 いよいよ、 NO不時着 NO巣ごもりLIFE♡ とでも言おうか、まるで恋に落ちた時のように日々の家事すら楽しくなってきました(笑) …

「愛の不時着」にハマる。突然やってきたバラ色の年末年始の予感!・・・のお話。

Netflix 公式サイトより それは、ついつい一週間前に突然やってきた。 この時期になると、メディアはこぞって「今年流行ったもの」とか、「なんちゃらベストテン」など・・・いわゆる特集的なものが多くなる。 今年のエンタメでは、なんといっても「鬼滅の刃…

『夜の谷を行く』で、いまさらながら衝撃の桐野夏生デビュー!・・・のお話。

今年の年末年始のテーマは、そう。 『巣ごもり』 今日、近所の図書館で借りられる冊数マックスの10冊を借りてきました。 ずーっと気になっていた桐野夏生さんの新刊「日没」が大人気で借りられないので、 それでも桐野夏生がどうしても読みたい!と、借りて…

自動車事故。過失割合9対0って?足して10にならない片側賠償に落ちついた示談のお話。

先月はじめのこと。 自分では防ぎようのない理不尽な事故にあってしまい、さらに相手が外国人であったり自分の非を認めなかったりで・・・ 結局私のドライブレコーダーの映像が決め手にはなったのだけれど、保険屋さんとのやりとりに、けっこう疲れてしまっ…

師走になって気がついた。コロナで増えたもの減ったもの・・・のお話。

師走と言われる12月になった。 でも、いつもの年と何かが違う気がする。 毎年この時期になると、お歳暮とまではいかなくても例えば女子会で、忘年会で、 ちょっとしたギフトを渡したりいただいたり。 何かと忙しい中、それを選びにショッピングモールやコス…

不機嫌はハラスメントに一票!新聞のコラムにうなずいた「フキハラ」の、お話。

少し前の新聞のコラム。 伊是名夏子さんという、体に障害を持ち、現在子育て真っ最中の30代の女性コラムニストが書かれた記事で、「不機嫌はハラスメントだ」と。 そして、フキハラという造語をつくってしまったとか。 ネット記事はこちらからどうぞ。 外で…