旅ゆけば~よろずな diary~

旅の記録と日々のあれこれを綴った日記です。

時間を超えて届いた一通の手紙。それは昭和の時代の大切なたからもの。・・・のお話。

このStayHome期間に、昔からの友だちと懐かしいものを写真に撮ってLINEで送りあっている。 みんな、断捨離とか片づけとかしているうちにだんだんと「何これー!」とか「いい時代だったね」っていう共感や反応を楽しむようになってきたようだ。 私も仕事が時…

愛読書は沢木耕太郎の『深夜特急』って、なんだかいい自己紹介になる気がすると思った五月某日のお話。

ゴールデンウィーク、いや、StayHome週間の後半4日間。 相変わらず本を読むことしかなかった私は、ちょいと本棚を整理整頓しようとしてみたのです。(←暇だったから?) で、いいもの発見しちゃいました。 それが・・・・ 沢木耕太郎の深夜特急 のシリーズ。…

あきらめること、執着を断つこと。ミャンマーの僧侶から学ぶ私の新たな日常・・・のお話。

ミャンマー (トリップアドバイザー提供) 5月になった。 早いのか遅いのかもうわからなくなってしまった。 去年はゴールデンウイーク中に夏のウズベキスタン行きを決めたんだっけ。 今年はゴールデンウイークならぬ、かつてないStayHome週間。 しかも今月の…

StayHomeで乃南アサ『ニサッタ、ニサッタ』を読む。そして明日は明日の風が吹く・・・のお話。

今年は、ひとりの作家との出会いで始まった。 しつこいぐらいに最近のわたしのブログに登場する、乃南アサさんである。 年末は忙しくて本など読めなかったけれど、年明けに『火のみち』を読んでから、古い言い方でいうと、乃南作品のとりこになってしまった…

いにしえの武者小路実篤の言葉が心に響く、4月・卯月・APRILの日々・・・のお話。

昨年のゴールデンウィーク。 旅行の予定が所用でキャンセルになり、それならそれでと近場の埼玉県に何回もドライブに出かけた。 あのときも予定がなくなって、さあどうしよう・・と思ったけれど、結局夏休みの計画を立てたり、ガイドブックで妄想旅行したり…

生きていると、時には関わりたくない人に関わってしまう事もある・・・というお話。

こんなにも空や緑がきれいで、これから気候も良くなる季節に、Stay Homeとは・・。 なんてこった。 いよいよ私の仕事も交代勤務、しかも時間短縮となった。 リモートワークとはいかない業種。でも仕事が少しでもできるのは、まだいいのかもしれない。 時間が…

「ナゼそこ?」的な番組に、自分の人生の転機がひとつのSOSと一杯のカレーうどんだったことを発見した・・・お話。

気がつけば4月になり家のまわりには小さな花が咲いて、そこだけはいつもと変わらない春がある。 いつもと違うことといえば、見えないウイルスの猛威を警戒し相変わらず粛々と日常生活を送っていて、旅とお出かけ、人とふれあう事が大好きな私にとっては我慢…

旅ブログも閑古鳥が鳴いています。それでも収束と終息を願って書きます!・・・のお話。

今年のはじめに「よし、今年は新規就航の便で、ロシアのウラジオストクに行ってみようかな〜」 などと、いつもの旅を計画するわくわく感で満ち溢れていた私。 まさか、世界がこんな事態になるなんて想像もできなかった。 でも雲行きが怪しくなってきたので、…

【MAX MATERIA】こころを込めて、タオル花束を君に贈ろう。・・・のお話。

世界中が見えないウイルスに日常生活を制限されて混沌としているこの時に、 私の大切な人が、少し遠い病院に入院することになった。 しかも奇しくもその病気を克服するために、まずは自分が数年前に受けた手術と同じ手術をするという。 彼女は、私が術後何か…

インプットとアウトプットって何?と、50代の自分がいまさらながら考えた・・・お話。

昨年、新聞のベストセラー本の上位にずーっと君臨していた2冊の本。 「インプット大全」と「アウトプット大全」。 どちらも大・大・大ベストセラーということで知ってる方も多いかもしれません。 私より、少しお兄さんの54才精神科医、樺沢紫苑先生の著書…

拝啓、ジョンレノン。今の世の中はこんなに便利に快適になりました。・・・のお話。

2月4日はビートルズの日だそうで。 ラジオから流れてきた真心ブラザーズの懐かしい1曲。 「拝啓、ジョンレノン」 洗い物をしながらこれを聴いていたら、なんだか不思議な気持ちになった。 ジョンレノンに手紙を書きたくなったのだ。(ワタシ、ちょっとへん?…

乃南アサ『六月の雪』を読んで、台湾に咲く白い花に思いを馳せる・・・のお話。

年が明けて1ヵ月近くが経つが、相変わらず読書欲が止まらない。 仕事や家のこと、忙しいのには年末と変わらないのに、例えば30分でも時間があると手に取ってしまう。 そんな最近の私を魅惑した作家が乃南アサさん。 またまた、素敵な作品に出会ってしまっ…

新春、乃南アサ『火のみち』を読む。それはそれは素敵な出会いの予感が~♪・・・のお話。

年末に図書館でたまたま手に取って借りた本。 予想通り全然読めずに年を越した。 借りた本のタイトルは乃南アサの『火のみち』 上下巻である。 私は、小説だったら短編よりも長い大作が大好き。 上下巻はもちろん、10冊ぐらいの続き物だったらなおさら読みご…

【2019年末★伊丹in/outレンタカー旅③】生駒のお宿城山旅館で年越し。元旦は鐘が鳴るなり法隆寺・・・のお話。

ゆく年くる年。 私たちは奈良県の生駒でおごそかに迎えました。 少し、その生駒の素敵なお宿、城山旅館をご紹介します。 奈良県生駒市門前町、生駒の聖天さんとして親しまれている宝山寺の門前に軒を構える50年の歴史ある老舗旅館。 大阪・奈良からもアクセ…

【2019年末★伊丹in/outレンタカー旅②】大みそかはちょこっと淡路島、六甲山、生駒でお参り・・・のお話。

大みそかの朝。 「淡路島って行ったことないよね」「うん」 そんな短い会話で、今日の予定を決める。 まずは淡路島にちょっと上陸してみようということになった。 クラウンパレスの朝ごはんは、なんと明石焼きが 朝食処も、17階の眺めがよい素敵な場所でした…

【2019年末★伊丹in/outレンタカー旅①】まずは神戸へ。棚ぼた夜景と懐かしの赤玉パンチ・・・のお話。

恒例となった年末の、妻から夫に贈る誕生日旅行。 ・・・なーんて聞こえはいいけど、夫はそうでもしないと出不精なだけで。 外国がだめなら国内で旅する楽しさを洗脳するチャンスだと思って仕事納めの翌日出発という強行を毎年計画しています。 還暦まであと…

【福井マンテンホテル】駅前で至便、しかもサービス満点でさすがのマンテンホテル!・・・のお話。

福井での宿泊はJR福井駅の目の前?お隣?とにかくこの日は雨が降っていたけど、ほとんど濡れずにエントランスまで行ける福井マンテンホテルに決めた。 決めたというか、正確にはANA旅作の選択肢のいちばんリーズナブルなホテルがこちらだったからここを選ん…

念願だった羽田フライト前の『ねんりん家カフェ』。バウムに癒された日・・・のお話。

師走のバタバタの中、羽田から出かける用事ができて急遽カプセルホテルに前泊した。 outblue69.hatenablog.com なぜ前泊したか。 午前便だから朝が大変ということもある。 カプセルホテルというものに泊まってみたいからというのも大アリ! それともう一つ。…

【田町ベイホテル】羽田空港の前泊に、人生初のカプセルホテルを体験してみました!・・・のお話。

最近は羽田発の便も国内外のフライトバリエーションが多くなってきて、自分も使うことが多くなってきた。 そして、羽田でも早朝や午前便のときに前泊したいのだけれど、寝るだけだから安くていいとこないかなーって調べたりもして。 すると、好奇心オバサン…

小池真理子『死の島』を読んで敢えて死というテーマに向き合ってみる・・のお話。

今夜はオットくんが会社の忘年会。 しかも山梨石和温泉に泊まりなのですよーー♪ ←なんで♪なのだろう(笑)? 12月は忙しくなるので毎年11月のうちに忘年会なのです。 今年も、もうそんな季節なんですね。 だから、この時間にひとりパソコンに向かえるのは…

【福生市HOOP(フープ)】ずーっと気になってた国道沿いのベーグル屋さんに行ってきました♪

雲ひとつない晴れた平日のお休みに、ずーっと気になっていた国道16号沿いのベーグル屋さんにドライブがてらランチに行ってきました。 国道16号、横田基地沿いは「ここはアメリカか?」という雰囲気で私の生活圏の中では、ほんとーに少ない(笑)おしゃれエ…

【スーパーホテルJR富士駅前禁煙館】やっぱり日本のホテルは快適なんだなぁと思ったお話。

秋も深まってきた先日、所用で静岡県富士市で1泊。 JRの富士駅南口、ローカルな駅前に位置する、 スーパーホテルJR富士駅前禁煙館 という、全室禁煙をホテル名に打ち出しているホテルに泊ったので宿泊記です。 スーパーホテルは、けっこう昔、まだ朝食無料…

秋のウズベク症候群をどうにかしたい。そうだ!こんな日は本を読もう・・のお話。

私の夏は灼熱ウズベキスタンへの旅とともに終わり、 気がつけば1か月近く更新も滞ってしまった。 実はウズベキスタンから帰ってきても、いま現地にいる方のSNSや改めて自分の撮ってきた写真を眺めては残像をさがしている。 また行きたいなぁ・・とため息を…

【ウズベキスタンへの旅・番外編】夏のウズベキスタンの個人旅行で荷物や服装、注意すべきこと。

ウズベキスタンの旅のスタイルは、タシケントに降り立ってサマルカンド、ブハラ、ヒヴァやその他の都市を列車や車、国内線の飛行機などで周遊する形になる。 あと、高層の建物がほとんどないのでホテルも荷物を持って階段・・・なんていう場合も多々。 なの…

【ウズベキスタンへの旅⑮】帰国。タシケントからソウルへそして成田へ。

夜のタシケント空港。 今まであんまり日本の方には会わなかったけれど、さすが空港。 ツアーらしきご一行や家族でいらしてる方を、ちらほらお見かけした。 その中でJTBの「旅物語」のバッチをつけたちょうど私と同じぐらいの年齢の女性4人グループが楽し…

【ウズベキスタンへの旅⑭】タシケントの地下鉄とタクシーで最後の街歩き。

初日の夜に宿泊したホテルウズベキスタン。 帰国日もスーツケースをあずけられると聞いていたけど、なかなか手ごわい。 パスポートとレギ(滞在証明)を見せても、フロントの女性がパソコンと照らしながら首を振ってる。 やがて男性が出てきて「ベルボーイに…

【ウズベキスタンへの旅⑬】サマルカンドからタシケントへGOGO4時間ドライブ♪

早朝、サマルカンドで2泊したジロルバクスト・ホテルを出発。 おとといサマルカンド駅に迎えに来てくれたドライバーさんがお迎えにきてくれた。 当初の予定では、駅まで送ってもらいアフラシャブ号でタシケントへ自分で移動するはずであったが、出発の10…

【ウズベキスタンへの旅⑫】サマルカンドはホテル選びが大事、そしてファストフードを探す。

ウズベキスタンを旅して帰国してから2週間が経つ。あんなに猛暑の中なんとか連日汗だく、自力で名所をまわったのだが・・・。 9月に入ってから行かれた方の 「朝晩10℃台で寒い。ユニクロのウルトラライトダウンを持っていって正解だった」 とか、びっく…

【ウズベキスタンへの旅⑪】えっ?あんなにも恋焦がれたレギスタン広場に入れない??

ウズベキスタンという国単位でも、サマルカンドという観光都市の中でも、これを見ずして帰れないというレギスタン広場に着いた。 ミュージックフェスティバルが開催されているので、普段は広場にフリーで入れるようだが、昨夜ホテルから1キロ歩いたのにチケ…

【ウズベキスタンへの旅⑩】サマルカンドのショブバザールとチャイハナランチ。

ウズベキスタンの夏の個人旅行は、刺すような暑さと体力との闘いだと思う。 体力には自信がある私でも・・・ シャーヒズィンダ廊群とビビハ二ムモスクとめぐってきたら、けっこう疲れてしまった。 お、こんなのもあるのね。 ここからイスラムカリモク通り(タ…