旅ゆけば~よろずな diary~

旅の記録と日々のあれこれを綴った日記です。

韓ドラ「私の解放日誌」視聴中。書いて、話して、解き放つ。つらい過去や傷ほど閉じ込めてしまうから。

夫が、1週間長野に出張となったのをいいことに・・・・・(笑) 夜な夜なひとりNETFLIXで「1話のみ、お試し視聴会!」みたいなことをしていたら、みつけてしまいました 私好みの作品の予感。中毒性がありそうなヒューマン系。 その名も、 「私の解放日誌」 …

「あと何回会えるのかな。」旧友の言葉にドキッとして栃木県宇都宮市へ週末Trip♪・・・のお話。

先週末はスポーツの日のとあるイベントで栃木県の鹿沼市というところへ向かうことになった。 その先週の週初め、今は福島と新潟の県境の山深い場所に住む同い年の友だちから思いがけなく連絡がある。 その旧友については、以前にも記事にしていたかな。 outb…

あの日のサマルカンドブルーに想いを馳せて、久しぶりにおニューのレスポを買ったのだ!・・・のお話。

10月になった。 まだまだ太陽はギンギンギラギラで暑いけれど。 佐渡へ行ってから早くも1ヶ月。 旅の余韻も続いていたり、コロナ後初の海外へ行かれた方のブログを毎日読んだりしていて、少しずつだけど自分らしい旅への思いというか、出かけることへの欲が…

【佐渡さんぽ・番外編】ドーミーイン、沼垂テラス商店街、そしてまさかのあの人に!・・・のお話。

写真は、朝の新潟駅。 佐渡の旅行記のおまけですが、 ≪番外編≫ を、書いてみたいと思います。 さて。佐渡から新潟へ戻ってきて、 ドーミーイン新潟 に、宿泊しました。 天然温泉 多宝の湯 ドーミーイン新潟(ドーミーイン・御宿野乃 ホテルズグループ) 宿泊…

【佐渡さんぽ⑦】青い日本海と黄金色の稲、それが佐渡の風景。大急ぎだけど思い出の旅になりました・・・のお話。

佐渡にきてみて、気がついたことがある。 新潟に帰るのには、誰しもが船に乗らなくてはならない。 うまく言えないけど・・・ 普通の旅と違って、電車や飛行機の前にさらに船の時間を気にしつつ、逆算して旅のプランを考えなければいけないのだ。 だから海外…

【佐渡さんぽ⑥】佐渡の青の洞窟ツアーを体験!佐渡は青いな大きいなぁ♪・・・のお話。

佐渡への旅の下調べをしていた時に、佐渡にも青の洞窟があることを知った。 小木地区は海底溶岩が隆起してできた地形らしく、波の浸食によって洞窟の外の海が青く美しくなる時間があるという。 蒼の洞窟と言えば、イタリア・カプリ島。でも、この先行ける可…

【佐渡さんぽ⑤】佐渡に行ったのに佐渡金山をあきらめた。思いどおりにいかない旅もよし。・・・のお話。

お宿「花の木」の朝食後のモーニングコーヒーが心地よすぎて、本当は早朝から金山見学コースとも思っていたのだけれど、もう少しこの小木地区を散策したいね、というふたりの考えが一致。 まずは、宿の裏の幸福地蔵に旅の安全を祈願。 階段を上まで登ると、…

【佐渡さんぽ④】小木の隠れ家的古民家のお宿「花の木」に泊まって佐渡を味わう・・・のお話。

宿根木から車で数分戻り、本線から少し山のほうに入っていくと、 今夜のお宿「花の木」さんに到着です。 御宿 花の木 (sado-hananoki.com) 到着時刻は17時50分。おー、予定が18時だったので、ばっちり。 こちらは翌日朝の、お宿の駐車場。 停め放題と言って…

【佐渡さんぽ③】両津から海岸線をゆく。夕方の宿根木は、ため息が出るほどの絶景だった。・・・のお話。ふ

12時半のフェリーに乗ると、15時に両津港に着く。 レンタカー屋さんで手続きなどやっていると、なんだかんだで16時近くになってしまった。 佐渡での宿泊は大きなホテルではなく、せっかくだからと全7室ぐらいの古民家のようなお宿に決めた。 ところが! その…

【佐渡さんぽ②】いざ新潟港から佐渡汽船カーフェリーで佐渡初上陸、そしてレンタカーは大事ね・・・のお話

カーフェリーに乗ることになって、いきなり自分の人生を振り返ってみる。 2時間半の船旅なんて、したことあったかな? あー、タイのチャオプラヤー川クルーズがあった!あれが、確か3時間か。 ・・・ということは、船の旅は約10年ぶりぐらい?? 私たちが乗…

【佐渡さんぽ①】佐渡旅の計画は私に任せてといったものの、佐渡に行くのは結構大変!・・・のお話。

夏の終わりに、佐渡を旅してきました。 思えば・・・小学生のころから地図を見るのが好きだった自分。 大昔のことで忘れていたけど、あの頃と今、何ら変わっていなかったのだな。 お友だちの家に遊びに行くと学習机がある部屋や、よくありがちなのはトイレに…

55歳はゴーゴーなのだ。GO!GO!何処かに行きたくなる夏の終わりのバースデーのお話。

Googleさんから毎月スマホに送られてくる先月のタイムラインをみて、愕然とした。 自宅近郊の4つの市しか動いてない・・・・(汗) 自宅、職場、実家、母の病院、近所のスーパーとガソリンスタンド。 この、ワタクシが!(そんなに、タカビシャになることで…

なんて贅沢な時間!韓ドラ「愛の不時着」と「トッケビ」を交互視聴中♪・・・のお話。

入院中の母を案じる気持ちはあるものの、コロナ渦で面会が一切禁止であるので、毎日朝夕のメールのみが便りの手段。 そろそろ「退院」の2文字もメールに入ってくるようになった。 手術中じゃないんだし、いつものように空いた時間に韓ドラを観ようかなーと…

母の手術中に何故かブログを書いている、コロナ渦の手術と入院事情のお話。

約一か月前、歩行困難になり外出や通院ができなくなった高齢の母のサポートをしつつの日常生活だったのだが、やはり一ヶ月・・・気忙しかった。 outblue69.hatenablog.com 幸い、家の中ではなんとか手すりを使ってすり足歩行ができるので、トイレも行けるし…

高齢者のサポートは学ぶことばかり。母の手術と「All You Need Is Love」のお話。

母がいよいよ歩行困難になった。 今月末、80歳手前で人工股関節を入れる手術をする。 もともと先天性股関節脱臼で、楽しい盛りの小学生の大半を入退院を繰り返していた障がい者手帳を持つ母。 つい2週間前まで杖歩行やシニアカーに乗って自分なりのシニア生…

【飯能ランチ・カフェぬくぬく】マクロビ料理という未知の世界を初体験してきました~!・・・のお話。

オペ後の友だちが、カラダに優しいマクロビランチに付き合ってという。 「いいよ、快気祝いにどこでも付き合うよ」とは言ったものの・・・ マクロビ~? いったいそれは何じゃい? マクロビオティック - Wikipedia 玄米、全粒粉を主食とし、主に豆類、野菜、…

映画「82年生まれ、キム・ジヨン」を観て衝撃と共感。そして、姪の思いやりに感謝した・・・お話。

連休中、実家へ。 実家には母と弟の家族5人が二世帯で住んでいる。 私にはふたりの弟がいて、 訳アリで(!)独身に戻り謳歌している下の弟が久しぶりに来るというので、皆でたまには食事でもということになった。(上の弟&夫は、仕事で欠席) そこで私を韓…

栃木県足利市「シナモンガーデン」でスリランカ料理と、雨の両毛線どんぶらこ。・・・のお話。

この旅のきっかけは、一冊の本だった。 韓国ドラマにハマってからというものの、1年ぐらい本を読むことから遠ざかっていたのだが、新聞の書評のコラムでみつけて、近所のリニューアルした図書館へ。 『やさしい猫』(中島京子著) やさしい猫 作者:中島京子 …

大好きな韓国ドラマ。気がついたらイケメンよりおじさん(アジョシ)に恋してたお話。

韓国ドラマ初心者から2年目に突入した私は、いまだ性懲りもなく少しでも時間があるといろいろな作品を見続けている。 もはや、生活の一部だな~、こりゃ。 韓国ドラマは、やはりイケメン男子の宝庫。 それも、もちろん醍醐味でありオバサンの楽しみでもある…

「あなたに話してよかった」という言葉が、胸いっぱいに広がって、私の心に春が来た。

4月になったというのに、この寒さ。 でも、私の心は暖かい。 そりゃもう、冒頭のウエディングフォトのせい。 たまりませんわ~。 outblue69.hatenablog.com そして、もうひとつ。 先週、最近はほとんど使っていないキャリアメールに、5年前の職場のお取引…

「暇(ひま)」という言葉が、急に愛おしくなった。母と私の平日近郊ドライブのお話。

実家の母は、齢、八十に手が届く。 障がい者手帳を持ち、杖歩行で、スズキのシニアカーがふだんの暮らしの相棒。 まだまだ珍しいシニアカーに乗っていると、必ず「それ免許いるの?」「どこで買ったの?」と声をかけられるらしい。 最近はアレクサとすっかり…

勝ちと負け。そこで沸き上がるエモーション。まさにエモい2月の遠征終了!!!・・・のお話。

好奇心旺盛な50代の私は、今まで色んな国を旅してきたのだけれど、 不思議と観光するには楽しい国や都市よりも、何故か旧ソ連の国や極東ロシアなどの少しさびしげな街の景色のほうが印象に残っている。 中でも・・・・ 北海道に近いロシアサハリンへ訪れた時…

そのNewsは特別だった!祝福しながらやっぱり書いちゃいます。よみがえる愛の不時着《第5話》のお話。

おとといの朝。 スマホのNewsをみて息をのむ。(というか、正確には息を吸った。) そして胸の鼓動が止まらない♡ 夫が「なに?」 私「セリと中隊長が結婚したの~!」 夫「だから?新聞にも出てたけど。」 これが54歳(♀)と61歳(♂)の朝の夫婦の会話か・・…

バッグは二刀流が好き!アンダーアーマーの2wayトートリュックを買いました♡・・・のお話。

いよいよ2月が訪れて、第一弾の荒川区三ノ輪までのプチ遠征がきのう終了しました。 outblue69.hatenablog.com 1年前の試合は、ここぞという時に中隊長が応援してくれた。 (勝手に思ってるだけだけどww) 今年はドンスや~! ハン・ドンスがついているから、…

アレクサが実家にやってきた!AmazonのFireHD8タブレットで母の暮らしがトキメキそうな・・・お話。

私の母(70代後半)は、未だに電話はガラケー。 スマホにしても良いらしいのだが、別に困ってることもないし・・と。 しかし、私の古いスマホを使ってグーグルの音声検索で花の名前を調べたり、YouTubeで演歌や美空ひばり、はたまたスマップや嵐の映像を観て…

極寒の中でも負けないココロとカラダを持て。汗と涙と全集中の2月がもうすぐやってくる・・・のお話。

新年早々また、「人生とは、わからないものだ。」という事態になった。 いつもは夫婦旅行を楽しんで過ごしてきた年末年始だったけれど、コロナもあって今年も2回目のおうちでの年越し。 それならば!と、ちょっぴり気分が上がるお料理やプレモルをチョイスし…

不時着オバサン、お次は「トッケビ」を布教する⁉韓ドラ漬けの1年の終わりに思うこと。・・・のお話。

ちょうど1年前。 年末に突如「愛の不時着」にハマり、いわゆる沼オチし、バラ色で始まった2021年。 コロナ渦での、藁をもつかむ楽しみのアイテムになった。 (おかげで本はめっきり読まなくなったけど) 韓ドラを知るまでは、「1回観たものをまた観るの?」…

「どうしよう、帰れなくなっちゃった。」って言ってみたかった。若かりしXmasのトホホなお話。

職場の若い男子。 雑談していたら、「クリスマス、自分、ぼっちですよ~。さみしいっす。」と言って、皆からイジられている。 私も50代になり、今でこそ「クリスマス?だから?キリスト教徒でもあるまいし。」と、「愛の不時着」のユン・セリの名セリフまで…

お花で気持ちを伝えよう!『お花屋さんの手帳』でお花の宅配を初体験・・・のお話。

いま観ている「ミセン~未生~」という韓国ドラマ。 ジャンルは、会社組織の中の物語。いわゆるオフィスもの。 めずらしく恋バナがまったく出てこない。 働くということ、会社という閉ざされた組織の中の派閥や人事、昇進、そして上司や会社への造反・・・。…

飯能OH!!! ~発酵、健康、食の魔法!!!~で、体に優しいランチと大人の遠足ぅ♪・・・のお話。

コロナ渦で、ずっと会っていなかった前職の先輩から、 「久しぶりに会いたいね。ランチだけじゃなく、大人の遠足をしよう!」 と、現地集合で飯能の「OH!!!発酵・健康・食の魔法!!!」というところへ誘っていただきました。 「ご飯がススム」キムチでおなじみ…