旅ゆけば~よろずな diary~

旅の記録と日々のあれこれを綴った日記です。

青のサマルカンドに憧れて、ウズベキスタンに行こうと決めた日・・・のお話。

sponsored link

f:id:outblue69:20190509113024j:plain

 

ゴールデンウィーク中にアマゾンから届いた2冊。

2冊とも発売されたばかりのウズベキスタンのガイド本。

 

連休中のまったりした時間にペラペラとめくって楽しくすごそうかなぐらいの気持ちで、ポチしてしまったのですが・・・

 

やはり!思惑どおり(誰の思惑?)

 

今すぐにでも行きたいぐらいに、このシルクロードの世界にはまってしまいました。

 

はじめて旅するウズベキスタン

はじめて旅するウズベキスタン

 
23 地球の歩き方 Plat ウズベキスタン[サマルカンド/ブハラ/ヒヴァ/タシケント] (地球の歩き方Plat)

23 地球の歩き方 Plat ウズベキスタン[サマルカンド/ブハラ/ヒヴァ/タシケント] (地球の歩き方Plat)

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2019/04/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

でも、この2冊買った時点でもう自分の中では、行きたいな~じゃなくて、行こう!と決めていたのかもしれません♪

 

なので、ここからは早い早い(^^)/

いま、この2冊を熟読しながらプランを練っています。

いつもどおりに旅行記や旅行サイトを調べまくりぃ~

 

まず、日程。

ウズベキスタンへ行くには弾丸でも4日。4日だとタシケントとせいぜいサマルカンドぐらいでかなり急ぎ足となっちゃいますね。

 

1都市以外のひとり旅は、なんと初挑戦!

でもウズベキスタンの旅行はタシケント、サマルカンド、ブハラ、ヒヴァと転々と宿泊、観光していく周遊パターンが定番のようなので、それも楽しみ♡

 

1週間あればベター、それ以上ならゆっくりまわれると書いてあった。

 

私の8月後半の夏休みは1週間。

主婦が1週間家をあけるのは申し訳ない気もするけど、ウズベキスタンに行くにはちょうどいいのかな。

 

次に、手段と宿泊。

陸路で行くのはよっぽどの旅慣れている人だろう。

ほとんどの旅行者が空路で、首都であるタシケントに着くのだと思う。

 

タシュケント: 写真
タシュケント (トリップアドバイザー提供)

 

タシケントはいわゆるメトロの発達した大都市らしい。

もちろん観光もできるだろうけれど、だいたいの旅行者がウズベキスタンの玄関口という位置づけのようで、到着後タシケントに1泊し、翌朝から高速鉄道や国内線で各都市をまわっていくみたいだ。

  

成田からはウズベキスタン航空が直行便として就航されているけれど、週に2便。

そして高い。

なので、行かれた方の旅行記を参考に、韓国乗り継ぎのアシアナ航空か大韓航空を利用しようと考えました。(ANAのマイルを貯めるにはアシアナ?)

 

今までの私の旅行は個人手配もありでしたが、今回は鉄道を使った周遊であるし各都市で宿泊するのでやはりフリーツアーで見つけることに。

 

 

 私のわがまま条件を叶えてくれるツアーはあるかなぁ。

 

①本当は4都市行きたいけどブハラかヒヴァどちらか削ってもいい。

②サマルカンドは旅のメイン。最後にしたい。

③大型ホテルじゃなくてプチホテルに泊まりたい。

④7日間フルでなく6日間なら家をあける主婦としては、なお良い。

 

⑤もちろん低予算で♡

サマルカンド: 写真
サマルカンド (トリップアドバイザー提供)

そして。

そんな条件をほぼほぼクリアしてくれるツアーを旅の検索サイトの元祖、昔からの友、エイビーロードにて見つけてしまった!

 

ゴールデンウィーク真っただ中、夜な夜な目をギラギラにしたかいあった。

 

これだー!!!!

 

某H社(大手ではない辺境を扱う)のツアー、

 ※旅行会社の口コミは行ってから旅行記で☺

 

《ひとり旅》青の都サマルカンド・中世都市ブハラ☆ウズベキスタン周遊フリー6日間☆超特急「アフロシャブ号」に乗車☆アシアナ航空利用《全送迎・朝食付》

 

1日目 成田→ソウル仁川→タシケント

タシケント ウズベキスタンホテル泊

 

2日目 タシケント→ブハラ(列車にて)

ブハラ ホテルファーティマ泊

 

3日目 ブハラ→サマルカンド(列車にて)

サマルカンド ホテルアルバ泊

 

4日目 サマルカンド1日フリータイム

サマルカンド ホテルアルバ泊

 

5日目 サマルカンド→タシケント

機中泊 

 

6日目 ソウル乗り継ぎ、夕刻成田着

 

タシケントではマンモス国営のホテルウズベキスタンに宿泊だけど、老舗の国営ホテルも楽しみではある。

他2つのホテルはプチホテルだし、なにしろ見事に私のわがまま条件をクリアしている。

 

あとは問題の予算。

低予算といってもある程度の金額だがエアー、ホテル4泊分、鉄道チケット、送迎もろもろ込み込みと思って考えると、大手のひとり参加より下手すると10万ぐらい安いと思う。

これならパート主婦が頑張って働いて払える金額である。

 

 

行こう!このサマルカンドブルーをこの目で👀

 

 サマルカンド: 写真
サマルカンド (トリップアドバイザー提供)

 

旅先を決めるのも、自分に合ったツアーを見つけるのも、「何かの縁」ってあると思う。

ひさしぶりに、はじめてひとり旅へ出ようと決めたあの頃のトキメキを感じてます♡