旅ゆけば~よろずな diary~

旅の記録と日々のあれこれを綴った日記です。

あの日のサマルカンドブルーに想いを馳せて、久しぶりにおニューのレスポを買ったのだ!・・・のお話。

sponsored link

 

10月になった。

まだまだ太陽はギンギンギラギラで暑いけれど。

 

佐渡へ行ってから早くも1ヶ月。

旅の余韻も続いていたり、コロナ後初の海外へ行かれた方のブログを毎日読んだりしていて、少しずつだけど自分らしい旅への思いというか、出かけることへの欲が出てきたような気がする。

コロナ前の気持ちが、戻ってきたのかな?

 

例えば、

出かけるにはコレを着ていこう、バッグは何がいいかなぁ。

      ↓

せっかくだから新しいバッグが欲しいな。

      ↓

リュックもいいけど普段使いもできるトートバッグがいいな。

      ↓ 

久しぶりにレスポとか、みてみよう。

・・・・・と、こんなふうにどんどん膨らむ自分の秋の欲。

 

(あれ?この記事は春に書いた記事だった。春も同じこと思うのね、ま、気にしない。)

outblue69.hatenablog.com

 

で、

黒のレスポは、いくつか持っているし、私のヘビロテアイテムは、とにかく黒ばっかり。

たまには柄もいいよなーとか思ってネットで何気なく見ていて一目ぼれして即決!

 

買いました♡

(すぐ、買っちゃうんだね)

 

じゃじゃ~ん。青のレスポートサック。

2021年(昨年)の新柄 ミッドナイトペイズリー

 

 

レスポにしてはペラペラで、エコバッグ的な雰囲気にも見えなくない。

でも、何が私を即決させたかって?

 

それはね、この持ち手のなんですよー。

 

 

この柄、私の愛すべき何かに似ているのだ。

 

そう!コロナ前の最後の海外、

2019年夏の終わりのウズベキスタンへの旅。

あの日、確かにこの目で見てきた青の都、サマルカンドのシャーヒズィンダ廊。

(→実は、お墓なんですが・・)

 

ひとり立ち尽くし、涙しましたね😢

あの日のことは、よ~く覚えています。

 

f:id:outblue69:20190908153551j:plain

 

そして、ウズベキスタンに憧れたきっかけでもある、レギスタン広場のこの青のお帽子。

この柄にも似ているなぁ。

 

f:id:outblue69:20190911120432j:plain

 

やっぱり紺色とかネイビーと一言では言えないこのサマルカンドブルー。

そして柄の雰囲気とか、花柄が大きなペイズリーになっているのが中央アジアっぽくて超・自分好みで、萌えます(#^.^#)

 

さあ、存分に自己マンの世界にひたりましょう(笑)

 

 

トートバッグの向こうに見えるのは、2023年の手帳。

私は、まだ紙の手帳を使うアナログ人間なのですが、偶然にもダイソーでこの青をみつけて即購入。

(年甲斐もなく、アリス・イン・ワンダーランドは気にしないのよぉ)

 

 

今もしかして、この青が自分にキテるのか?


 

あの日のサマルカンドブルーに想いを馳せて、この秋をゆく。

もっと妄想するならば、まだまだ行ったことのない場所へも想いをを馳せて。