読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅ゆけば~よろずな diary~

旅の記録と日々のあれこれを綴った日記です。

【節約旅deハワイ】極寒のザ・バスに乗ってドールプランテーションへ♪(前編・行き方)

2017年2月ハワイ・オアフ島 ハワイ日和。

f:id:outblue69:20170227101835j:plain

 

ハワイ・オアフ島3泊5日の旅。

到着日を1日目とすると、本日は2日目。

 

私のたっての希望でドールプランテーションへ行ってきました。

そう、ドールのパイナップル農園を走るパイナップル列車に乗りたくて同行者におねだりしたんです。(あなた、いくつ・・??)

 

でもワイキキから車で40分と、けっこう遠い。 しかもオプショナルツアーで行こうとするとえらい高い!

 

今回の旅のコンセプトをよーく思い出して調べていたら、なんと。

オアフ島を走っている路線バス「ザ・バス」で行けば片道2.5ドルで行けちゃうんですって!

f:id:outblue69:20170301174816j:plain

 

ドールプランテーションまで行くザ・バスは52番。

 

残念ながらワイキキからは52番は出ていないので、HISのキャンペーンでもらったレアレアトロリーの1日券を使ってひとまずアラモアナまで。

f:id:outblue69:20170302101555j:plain

f:id:outblue69:20170302101640j:plain

 

ちなみに、HISのレアレアトロリー。

ツアーでしたら終日乗り放題かと思いますが、エアホテル割のキャンペーンでもらえるのは1日券。(あらかじめ使う日をラウンジへ申告)

もし他の日も使いたい場合は7日券を購入しなくてはならないのです。

これは、45ドル。1日券は販売していないのが残念。

※ダイナースクラブのカード会員の方はHISで来てなくても現地ラウンジでカード提示すれば1日券がもらえるそうですよ。

 

さあ、アラモアナショッピングセンターに着きました。

 

レアレアトロリーは海側に着きますがバス停は山側とのこと。

(昔、しこたま買い物したなぁ。あの頃はバブリーだったなぁ)と回想しつつ、

広い駐車場を突っ切って山側のバス停へ。

 

あった!52番。ここですね。

f:id:outblue69:20170302104419j:plain

 

ザ・バスはどこまで乗っても2.5ドル!

昔は1ドルだったそうで、1ドルバスなんていう愛称もあったとか。

 

最初に乗る時はドキドキしますが、1回乗れば慣れて楽しくなってきます。

おつりは出ないと聞いていたので、手に2.5ドルを用意して・・。

(50セントがなかった時はふたりで5ドルもOKでした) 

 

ドライバーさん横の投入口に入れると、こんなチケットを渡してくれます。

f:id:outblue69:20170302104748j:plain

これは、トランスファー(乗換)する時に使うようで、乗った日と時間がわかるようになっています。

 

うわさには聞いていましたが、ザ・バス車内の冷房はすごい!

 

何がすごいって、乗った時はよくあるキンキンに冷えた感じがしないんですよ。座ってから、ある程度の時間が経つと足元からじわ~っとやってくる感じ。

 

そうなると、

長袖シャツの上に、パーカーを羽織っても・・

「う~、寒すぎる~。」

と、ぶるぶる・・ふるえてました。

ハワイ通はフリース持参するらしいです。

 

楽しみにしていたドールのパイナップルソフトクリームが、どうでもよくなってきました(笑)

 

距離にしてワイキキから40キロ。

ハイウェイに入り、 車では40分、バスだと乗り換え時間や途中ショッピングセンターや病院などは入口まで寄ったりするので、1時間半ぐらいかかります。

 

トイレなども含めて、この寒さはあらかじめ覚悟ですね。

 

降りたいバス停が近づいたら(アナウンスもあります)

窓側のワイヤーのようなもの、たて・よこ、どちらでも引っ張ると、

『Stop Request』と、日本でいう『次、止まります』的な合図があります。

f:id:outblue69:20170302113436j:plain

 

停留所の名前は、『 Kamehameha Hwy + Dole Plantation

ハワイのバスのアナウンスは先に道路の名前を言うそうです。

 

本当に1時間40分ほどかかって、やっと着きました。

f:id:outblue69:20170302115138j:plain

 

バスを降りて

「寒かったね・・。

でも、自分たちだけでドールプランテーションへ来れたね。」

って、喜んでるアラフィフ女子ふたり。

さてどうなることやら、後編に続きます(^^)/