旅ゆけば~よろずな diary~

旅の記録と日々のあれこれを綴った日記です。

花を愛で、息吹きを感じる。この小さくも深い喜びの日常・・・のお話。

sponsored link

f:id:outblue69:20200602120451j:plain

 

今年は、春夏秋冬の春の部分が確かに過ぎたはずなのだけれど・・・

不思議とぽっかり抜けている感もあるへんな感覚で六月を迎えた。

 

お仕事はオンラインでzoomに参加している子供たちを、勤務先のパソコンで出欠をとったり、通信状況を確認したりするような「少しだけオンライン」を味わった2ヵ月だった。

今月から対面で久しぶりに子供たちと再会して、また慌ただしく夏までいく感じ・・・かな。

 

さて・・・・

この季節は梅雨時期でもあるし、どんより曇り空や雨の日、あるいは晴れていても蒸すような不快な毎日が多い。

 

けれど、毎年私の密かな楽しみがある。

 

その楽しみとは・・・

アナベルの季節♪

数年前に家の小さいスペースに植えたアナベルちゃん。挿し木で始まったんだから、その生命力にびっくりする。

 

毎日毎日、観察していますよ・・・・

10日ぐらい前はこんな小さい花の部分だったのだ。

f:id:outblue69:20200602121025j:plain

 

きのうはこんなに大きくなった。 

なんか花火のようだね。

今年もきれいな花を咲かせておくれ。

f:id:outblue69:20200602120121j:plain

 

このアナベルちゃんには、だいぶお世話になった。

天使のような存在。

 

3年前、手術のために入院したのが6月のはじめ。

そう、ちょうど今頃だ。

 

outblue69.hatenablog.com

 

アジサイ系は、水やりもいらないとは知っていても、世話も何もしていなかったのに主(あるじ)を待っていてくれた。毎年のようにきれいな姿で。

 

思わず、家に帰ってきて写真を撮った。

あの時は大げさでなく、この家に咲くアナベルが『日常』への復帰の象徴。

 

日常に戻った喜びで泣きそうになりながら写真におさめた記憶がある。

 

f:id:outblue69:20200603114923j:plain

 

今年は、その時と似ているけど、また違った思いで息吹きを感じている。

 

馴染みのラジオパーソナリティがまさかのコロナ感染入院からの復帰、その復帰第一弾の放送を聴いた時。

 

そして、私の大切な恩人が病気療養からお仕事復帰の知らせ。

あの時、胸がちぎれそうな気持になったから・・・ 

outblue69.hatenablog.com

 

ちなみに彼女はお店の料理人。

自分が作ったコロナ対策のテイクアウトの写真を送ってきてくれた。

 

なにこれ。完璧復帰じゃん☆

f:id:outblue69:20200603121850j:plain

 

普通だったら美味しそうだねーー!って感想だと思うんだけど、私は彼女の命の息吹きを感じてしまったわけなんです。

 

復帰って言葉はいいな。
息吹きがいっぱい。

 

まだまだ気をつけていかなければならないとは思いながら、StayHomeを経て感じたこの小さくも深い喜びを忘れずに、丁寧に日常をおくっていこうと思う。

 

なんだか、とりとめもない記事になってしまった・・・

早く、旅やお出かけの記事を思う存分書きたいなぁ・・・