読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅ゆけば~よろずな diary~

旅の記録と日々のあれこれを綴った日記です。

【栃木ショートトリップ】ゴールデンウィークは足尾で銅山。どう?銅?②

sponsored link

f:id:outblue69:20160507094820j:plain

さあ、私はあんまり気がすすまなかった夫の趣味である足尾銅山へ到着しましたよ~。

 

この時点では

「ゴールデンウィークに日光市まできたのなら普通は東照宮や華厳の滝でしょー?」

と、まだまだテンション低い私。

 

入場券ではなくて入坑券を買います。

大人1名820円なり。 

f:id:outblue69:20160507102738j:plain

 

パンフレット、いただきました。

 

f:id:outblue69:20160507103243j:plain

 

失礼ながら、とてもしっかりとした作りでビックリ。

ふむふむ・・・という内容でしたよ。

 

f:id:outblue69:20160507103341j:plain

 

ビックリついでに、ここの目玉はトロッコに乗って入坑すること。

 

やっと私のテンションが上がってきました。

 

トロッコ電車の時刻表。

 ちゃんとした電車のよう。

f:id:outblue69:20160507102908j:plain

 

ちょうど、来たのであわてて乗ってしまい写真が撮れず・・。

 

でも、5月1日(月)連休の谷間とはいえ、2組4名しか乗っていません。

休日のお父さん!ここは穴場かもしれませんよ~(^^)

 

f:id:outblue69:20160507103935j:plain

 

アドベンチャーランドのようで、 小学生に戻った気分。

いい天気で気持ちいい!

 

f:id:outblue69:20160508105501j:plain 

出発して、かなりのスピードですぐトンネルへ。

で、トンネル入ったと思ったらもう終点。

 

f:id:outblue69:20160507104503j:plain

 

ほんの数分だったけど、でも楽しい気分になれました。

トロッコくん、 ありがとう。

 

ここからは、徒歩で坑内を行きます。

 

歩いてすぐに、 いきなりの見どころスポット 。

「ここから1200キロ以上の坑道が続きます」だって。

 

f:id:outblue69:20160507104852j:plain

 

1200キロって、北海道から九州とかそのレベルじゃないの? 

す、すごいですね・・・。

 

どんどん見学コース、行ってみましょう!

ちょっとお化け屋敷に入ってく気持ちにもなりますが。

 

f:id:outblue69:20160507105405j:plain

 

暗いし、涼しいし。

でも、それよりもコワいのが彼ら。

 

f:id:outblue69:20160507105852j:plain

 

かなりリアルなのもある。

ベトナム、バーナー高原のろう人形の館といい勝負。

今年はリアル人形に縁があるのかな??(笑)

 

f:id:outblue69:20160507105948j:plain

 

f:id:outblue69:20160507110211j:plain

 

このリアルな人形の展示物。

ボタンを押すと会話や採掘音も流れます。

 

江戸時代から明治・大正・昭和とだんだん現代になっていくので、

ああ、昔はこうやって採掘していたんだな~、大変な作業だったろうと昔の作業員に敬意を感じました。

昭和40年まで、実際に稼働していたようです。

 

f:id:outblue69:20160507113952j:plain

 

作業服になると、ますますリアルに。

 

f:id:outblue69:20160507114217j:plain

 

休憩中の会話も、聞けるんですよ。

f:id:outblue69:20160507114341j:plain

 

こちらは、沈殿銅の採集。

 

f:id:outblue69:20160507113914j:plain

f:id:outblue69:20160507114932j:plain

 

なんか、映画のセットの中のよう。

時間が止まるというか・・・。

 

f:id:outblue69:20160507115010j:plain

 

最後の最後に超リアルな、昭和の作業員。

動いたらコワいよね・・・。

何故か夫も私もそおっと通る。

 

f:id:outblue69:20160507115224j:plain

 

出口付近には、ミニシアターや、足尾の街のジオラマなど展示室も充実していて、820円の入坑料も納得です。

 

f:id:outblue69:20160507115553j:plain

f:id:outblue69:20160507115618j:plain

f:id:outblue69:20160508105122j:plain

 

削岩機体験コーナーなんかもあります。

f:id:outblue69:20160508105349j:plain

 

出口を出てから、乗ったトロッコを観れます。

けっこう本格的でしょ?

f:id:outblue69:20160508105620j:plain

f:id:outblue69:20160508105712j:plain

 

ミニシアターもあるので、ゆっくり見たら1時間ちょっと。

たとえば、わたらせ渓谷鉄道の旅の途中なんかにちょっと面白いかもしれません。

 

f:id:outblue69:20160508105806j:plain

  

足尾銅山

住所:〒321-1514 栃木県日光市足尾町通洞9-2

アクセス:わたらせ渓谷鉄道 通洞駅から徒歩5分

営業時間:9:30~16:30

定休日:無休

電話番号:0288-93-3240

 

 

帰ってきてからも、パンフレットをみて「また行きたいな~」と夫。

 

そこまでは思わないけれど、歴史にふれたりトロッコ乗れたり思っていたより楽しかったです。

ちょっと変わった穴場スポットの休日、皆さんもどう(銅)でしょうか?

おあとがよろしいようで(^^)/

 

** 宇都宮も楽しいぞ~! **

 

outblue69.hatenablog.com