旅ゆけば~よろずな diary~

旅の記録と日々のあれこれを綴った日記です。

【富士山・西湖】いやしの里根場に行ってきました・・・のお話。

sponsored link

f:id:outblue69:20160523110845j:plain

 

先日、この時期の毎年の行事で山梨河口湖へ行ったのですが、

 

おとなり西湖の近くにあり、以前からずーっと気になっていた

西湖いやしの里根場(ねんば)に立ち寄ってきました。

 

茅葺き屋根のおうちが並ぶ、私の中では白川郷のようなイメージ。

日本の古き良き原風景を体感できそうです。

さあ、行ってみますよ~!

 

f:id:outblue69:20160523112651j:plain

 

かつては美しい富士を背に茅葺き屋根が並んでいた西湖畔の根場地区。
昭和41年の台風災害で壊滅的な被害を受け、
集落のほとんどが、消滅してしまったそうです。

40年の時は流れ、平成15年に合併してできた富士河口湖町が
そんな日本の原風景である茅葺き屋根の集落を甦らせようと
西湖いやしの里根場が誕生したとのこと。
 

f:id:outblue69:20160524093721j:plain

 
 入場料は大人350円。
なんだか、近頃の観光施設にしては良心的のような気がします。
 
ちなみに、JAFの割引があるかも~って一応カード出してみたら3枚入りポストカードいただきました。割引はないそうです。
 
こちらはパンフレット。 

f:id:outblue69:20160524092816j:plain

f:id:outblue69:20160524095012j:plain

 

見学順路が書いてあるので、順番に見学していきます。

 

f:id:outblue69:20160524093819j:plain

 

 

 音声ガイドアプリや、フリーWi-Fiも。

グローバルだな~

f:id:outblue69:20160524094022j:plain

 

でも、納得。

水車にラムネ。涼しげな日本の夏の風景。

外国人の観光場所としては最高かも。

 

f:id:outblue69:20160524094607j:plain

 

 

f:id:outblue69:20160524095110j:plain

 

お店になっている小屋もあれば、

昔遊びができたり、和紙作りや陶芸などの体験ができる小屋も。

 

展示物の小屋には、新聞や昔懐かしいミシンなども展示してあります。子供たちには新鮮かもなぁ~

 

f:id:outblue69:20160524095837j:plain

f:id:outblue69:20160524095348j:plain

f:id:outblue69:20160524095541j:plain

 

そうそう、ちょうど折り返しの富士山がよく見える場所では、大勢のお客さんがスケッチをしていました。

 

f:id:outblue69:20160524095750j:plain

 

災害から唯一逃れて当時のまま残っている旧渡辺住宅。

当時の洗濯機やタイルの流し台が見れました。

f:id:outblue69:20160524100554j:plain

f:id:outblue69:20160524100510j:plain

 

ひとつひとつ、ゆっくり見て1時間ぐらい。

 

体験コーナーなど申し込んだら半日つぶせそうです。

着物を着て写真が撮れる小屋は、外国人観光客には人気のコーナーのようでしたよ~。

 

f:id:outblue69:20160524101726j:plain

 

お食事どころやお休み処もあって、

この日は、あまりに暑かったのでラムネ味のアイスをいただいてみました。

ラムネ味はこの場所にはぴったりの味でした。

f:id:outblue69:20160524101433j:plain

 

日曜だったのに、そんなに混んでいる感じでもなく、

いやしの里の名前どおり昔ながらのこの雰囲気にすっかり癒されました~(^^)


茅葺き屋根って景色だけでも価値があると思っていましたが、実際に近くでみると職人さんの技というか、計算された細やかなつくりに圧倒されます。

f:id:outblue69:20160524101139j:plain

 この雰囲気がお好きな方だけでなく、

富士山周辺はほとんど行きつくしちゃったという方にも、ぜひおすすめのほっこりスポット、いやしの里で、癒されてみてはいかがでしょう(^^)/ 

 

西湖いやしの里根場

〒401-0332

山梨県南都留郡富士河口湖町西湖根場2710

0555-20-4677