読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅ゆけば~よろずな diary~

旅の記録と日々のあれこれを綴った日記です。

【悪質耳つぼダイエット体験談】高額サプリメントに気をつけて②・・・のお話。

sponsored link

f:id:outblue69:20160529115605p:plain

 

私の封印しかけた汚点である昔話、

耳つぼダイエットのサロンに通っていたお話のつづきです。

日本痩身医学協会という、今思えばよくわからない団体を信じ切っていたあの頃。

 

ここまでのお話はこちら

outblue69.hatenablog.com

 

やっぱり、体型を気にしてる年頃の女性は純粋な気持ちで、言われた通り頑張ってダイエットしようと思っちゃいますよね・・・。

 

その頃の私も、先生に言われた通り耳つぼサロンに週2回。

真面目に通いながら、自分で食事を半分にしました。

(運動は、なかなかできませんでしたが)

 

食事を半分にするから、そこそこ痩せます。 

でも耳つぼが効いているのかも・・・と、まだ疑いもしません。

 

でも1回だけ、ん?と思った事がありました。

 

ある日予約の時間に5分ぐらい遅れ、あとちょっとで着くっていうときのこと。

先生から携帯電話に連絡が入りました。

 

「やめたわけじゃないよね?」

 

それが、ちょっとコワかった。

ちょっと時間に遅れただけなのに。

 

そしてその後、サロン通い始めてから2か月ぐらい経った頃からあれ??って思うことが多くなりました。

先生が、サプリを買っていく人と私をあからさまに差別するようになり、私のメンタルもその頃ちょっとおかしくなりかけてたある日。

 

「最近、全然減らなくなったよね?そろそろサプリを2週間だけでも頑張って飲みなさいよ。耳つぼは、週に2回来れなかったら週に1回でもいいから。その分、自分で運動を追加してさ。そうすれば絶対に痩せるから!」

「健全な身体になれば、脂っこい食事とかアルコールは取りたくなくなるから。とにかくサプリを飲みなさい。」

 

と語気を荒げて、サプリサプリ言ってきた。

 

f:id:outblue69:20160529155631p:plain

 
ていうか、飲み会も断ってたからお酒もやめてたし、脂っこい食事も、全然してないもん。 
それに、耳つぼ減らしたら、それって完全に食事制限と運動によるダイエットじゃないか!!耳つぼ関係ないじゃん!!

 

支離滅裂なこと言ってるな~、

サプリ買わないんだったら来なくていいって言う事だろう~って

落ち着いて、いま考えてみれば、このつっこみどころわかるんです。

 

でも若い当時は、密室で2人の時に強く言われてコワくなって、とにかく芝居でもなんでもいいから、その場を離れたかった。  

だから最低限のサプリメント(2週間分ぐらいで2~3万だったと記憶しています。)をクレジットカードで買って、とりあえずその場をしのぎました。

 

一応高いサプリせっかく買ったから、帰宅してひととおりのサプリ飲んでみました。

ですが、やっぱり飲んだことないものを体が拒否反応を起こして、ひどい下痢になりました。辛かった・・・

 

私、そうなってやっと、看護師の友人にこの辛い下痢と2か月間の話を全部したんです...

持つべきものは看護師の友。

 

「ちょっと!それおかしいよ。ダイエットでもなんでもないよ。耳に貼っているものだって怪しいんじゃない??サプリ開封しちゃったからサプリ代は仕方ないけど、飲んだら下痢したからやめますでいいじゃない!いますぐここで電話しな。」

 

そうそう、こう言ってくれる人が欲しかったんだ。

 

万が一の時は、医療行為やダイエットに詳しい友人に変わってもらおうと、思い切って電話をしました。

 

その電話の時の信じられない先生(と呼ぶのも嫌ですが)の一言。

 

「下痢して毒素が全部出たんだから、体重減って良かったんじゃないですか?」

 

はぁ??

 

メンタル的に落ち込み、コワい思いもして、しかもひどい下痢で苦しんだ私にそういう言葉・・・許せない!

 

普段、温厚な私でも興奮して何と言ったかもう忘れてしまいましたが、かなりの嫌味と罵倒で電話を切り、友だちもびっくりしてました。

 

10年以上経った最近の耳つぼ事情は、どうなんだろう。

もちろん、きちんとした治療院だってあると思うんです。

 

私は数万の社会勉強代で済んだから、まだよかったですが、

いま、もし耳つぼダイエットを考えてる方、太って悩んでいるという若い女性の弱みにつけこんで、お金を使わせる悪い罠にはまってしまわないために、

事前によくクチコミなど調べてからはじめて下さいね。

 

サプリメントを売りつけてくるところは、特に注意です。

 

ずっとずっと書きたかった 若かりしの失敗談。
最後までお読みいただきありがとうございました。