旅ゆけば~よろずな diary~

旅の記録と日々のあれこれを綴った日記です。

【国立deお散歩】駅チカ、老舗のロージナ茶房でひと休み♪

sponsored link

f:id:outblue69:20160302102422p:plain 

 

先日、学生時代からの旅友と、ダナン旅の最終打ち合わせがてら国立市散策~ということになりました。

昔、予備校に通ったり、お仕事でも6年くらい通勤していた懐かしい学生の街です。

 

そんな国立で、お友達との散策の最後に昔よく立ち寄ったロージナ茶房に行ってみたくなり、お誘いしましたよ~。

 

場所は、JR国立駅南口、大学通りに面したブランコ通り。
ブランコ通りに入ると昭和レトロな建物が見えます。

 

最近、自分の中でブームになっている昭和レトロ。

 

昭和28年創業とのことなので、えっ??60年以上??

ん~たまりませんな~。

 

なつかしい入口。久しぶりに入ってみます。

f:id:outblue69:20160302102503j:plain

実は1階に通されたことはありません。

まぁ2階が禁煙席らしいので、そのほうが好都合。

 

 全く変わらない雰囲気の階段を上って2階へ。

f:id:outblue69:20160301115336j:plain 

お客さんがたくさんで、2階の写真はないのですが、

相変わらずシンプルなテーブルと椅子。このレトロ感が、とっても落ち着きます。

 

古めかしい(失礼)メニューをめくり・・・。

ふと、私が

「昔よく食べたパフェでも食べちゃう?」

と、言ってみたらお友達も乗ってくれて。

 

それぞれフルーツパフェと、チョコバナナパフェをオーダーしました。

 

こちらの名物、コーンフレークで底上げしていない昔ながらのパフェ♡

器の底まで、ソフトクリームが入ってるんです!

 

ブレンドコーヒーをつけるとセットになってコーヒーが若干お得です。 

それでも千円をちょっと超えちゃって・・・ 

この日はランチが900円でしたので、

「ランチより高くなっちゃったね~アハハ」 なんて平和なアラフィフふたり。

 

 さあ、そんなこと言ってる間にパフェ2つ来ましたよー。

f:id:outblue69:20160302101634j:plain

 

ほどよく高さがあり、私の注文したチョコバナナパフェは、とてもシンプルです。

お友達のフルーツパフェは、形も色もきれいでスプーンを入れるのがもったいないと言っていました。

 

コーンフレークで底上げされていなくて底まで全部ソフトクリームなのに、ほどよい甘さなので途中で飽きちゃうこともなく、あっという間に完食しちゃいました。

 

パフェなんか食べたの何年ぶりだろう・・・?

 

不思議と、楽しい気持ちになる食べ物だなぁ~と思ってしまいました。

 

ここは食事がボリューミーなので、一ツ橋らしき学生さんが多くて平日でも時間帯によっては、ちょっと落ち着かないのは今も昔も変わっていない。
 
でも、夜は23時まで営業しているので、夜のロージナはちょっと落ち着いていてよさそう。現在の家からは遠いけど(^_-)

少しノスタルジックになれた1日でした(^^)/

 

ロージナ茶房


住所:東京都 国立市 中 1ー9ー42

042-575-4074


営業時間:9:00~23:00