読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅ゆけば~よろずな diary~

旅の記録と日々のあれこれを綴った日記です。

【吉祥寺マウンテン】今もあるのかな~。 「神田川」で思い出す懐かしのお店・・・のお話。

日々のあれこれ。 隠れ家・ごはん処つれづれ。
sponsored link

 

f:id:outblue69:20170407102852p:plain 

吉祥寺 マウンテン (Mountain) - Retty より

 

先日、BSの音楽番組を観ていたら日本のフォーク特集をやっていました。

 

私はフォーク世代よりは少し下の世代なので「おお!懐かしいなぁ~」という感じではないのですが・・。

でもやっぱり、あの頃の曲は色あせない名曲ぞろいだよなぁと、なんとなく番組を観ていると・・。

 

多分かぐや姫のライブVTRだと思うのですが、南こうせつさんが「神田川」を唄っていました。あの「あなたはもう忘れたかしら」の、おなじみ1番が終わり、2番に。

 

ここで突然ですが!

「神田川」の2番って唄えます?

「あなたはもう捨てたのかしら」ではじまる2番。

1番は、恋人同士でお風呂屋さんに行って・・という70年代の学生闘争中のカップルの風景がなんともキュンとくるとっても有名な歌詞ですよね(^^)

 

私は小学校の音楽の先生がフォーク好きで、音楽の授業でこれをフルで覚えて歌ってたんです。 

ちなみに2番は、あなたが描く私の似顔絵は全然似てないのっていう、こちらも三畳一間での恋人同士の情景描写がキュンとくる歌詞なんですが。

 

前置きがとっても長くなりましたが、そんな「神田川」の2番で思い出す一軒のお店があります。

場所は東京、吉祥寺。お店の名前は 「マウンテン」

南口の当時丸井の横だったと記憶しています。

 

古いビルの奥に入っていくと昭和の喫茶店のような佇まい・・。

洋食屋なのかな?でも和食もあり、そして喫茶店なのか居酒屋なのかわからない、とにかく不思議な飲食店。

25年~30年ぐらい前ですね、仕事が終わると毎日のように通っていました。

 

情報がとにかく少ないのですが・・。

ここに、ありました。

retty.me

  

私の大好物はマウンテンサラダ。

ツナの入ったコールスローの普通のサラダなんですが、ビールのお供にまずこれを頼んでました。

お魚の煮つけやオムライス・・。家庭的なメニューで何を食べても美味しかった。

 

・・で、何故かギターが壁にかかっていたんですよね。

 

f:id:outblue69:20170407200355p:plain

 

「ひとり飯」がさびしいのでお店でビール飲みながら夕飯を・・。と、毎日のように行っていると(女性なんだし自炊しろよーって声が・・)

色んな人と仲よくなって、吉祥寺という土地柄、ミュージシャンっぽいお客さんが「マスター、ギター借りるよ」なんていって唄い出したり。

まるで歌声喫茶~(!)

 

ある夜、ひとりのおじさんがギター弾きながら「神田川」を唄い出し・・。気持ちよくみんなで熱唱していたのですが・・。

 

2番にさしかかったところでみんな、ほにゃほにゃ言い出した。 

そう、2番の歌詞 を覚えている人が、私しかいなかったんです!

 

当時は、お店に来てる中では若いほうだったので「若いのにやるなぁ」なんて、ほめられて。

 

で、その次に行った時には、 

「おっ! “神田川のおねえちゃん” 来たぞー!」

と、言われ、すっかり仲よくなって年賀状をやりとりした人もいました。

今だったらLINE交換で簡単だけど、当時は携帯電話が普及しつつあるころですもんね。(いや、まだしてないか?) 

 

そこに行けば会えるっていう楽しみ。これがよかったんだなぁ。

たしか、お客さん同士で結婚したカップルもいたかな。

 

そんなわけで私の若かりし「ひとり飯」は、神田川の2番の歌詞のおかげで楽しい青春の思い出に。

 

吉祥寺「マウンテン」

 

今もあるのかな~。

 

会社入って転勤までの13年間通った吉祥寺の街。

そして、仕事の責任が増えた時期に通ったマウンテンというお店。

 

今では遠くなり、用事がなければ行くこともなくなってしまったけど・・。

なんだろう、「神田川」の曲のようにキュンとくる青春の匂いのする街であり、お店でもある。

 

こんど・・・たずねてみようかな~(^^)/

 

 

(1年ぶりぐらいに、お題で記事を書いてみました♪)

Netflix野武士のグルメお題「ひとり飯」

Sponsored by Netflix