読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅ゆけば~よろずな diary~

旅の記録と日々のあれこれを綴った日記です。

帰国日に、バンコクの市内観光がギュッとつまったオプショナルツアーへ

sponsored link

 

f:id:outblue69:20151216095928j:plain

 

2012年の年末、夫婦でタイ・バンコクへ旅行しました。

 

普通はじめてのタイといったら、初日に寺院巡りなどの市内観光や、最近すっかりおしゃれになってしまったけど、かつてバックパッカーの聖地といわれた多国籍なカオサン通りも行ってみたい!

 

でも、わたしたち夫婦、深夜便の帰国日に、いつも暇を持て余すので、あえてその日に市内観光のオプショナルツアーを入れてみました!

 

 

 申し込んだオプショナルツアー

 

  

 JTBマイバスツアー

 

☆かじりタイ!バンコク(予約はホットホリデーにて)

www.hotholiday.jp

 

「かじりタイ」ってのが、ネーミングが、安易でいいですよね(笑)

 

ツアーは午前も午後もありますが、私たちは午前にしました。

朝泊まっているレンブラントホテルから、ピックアップのインペリアルクィーンズパークホテルへ。

JTBロゴ入りのバンがお迎えに来てくれました。

 

 

渡し舟で対岸のワットアルンへ

 

 

バンコクの市内観光と言えば、3大寺院めぐり!

なかでもワットアルンは、色とりどりの石などが埋め込んであって、見た目も美しく女性に人気なんだそうです。

 

お迎えの車はひとまずター・ティアンの船着き場まで。

f:id:outblue69:20151216102426j:plain

 

朝から焼き鳥ですか(・・?

しかもビッグサイズ。

 

f:id:outblue69:20151216102554j:plain

 

ここから、対岸のワットアルンへ行くのですが、船着き場は意外と素朴な感じ。

 

f:id:outblue69:20151216102730j:plain

 

渡し舟で写真を撮るのを忘れてしまいましたが、朝のチャオプラヤー川はキラキラしていて、バンコクは冬でも朝から暑いけど風が気持ち良かったです。

 

いきなりですが、着きました!

憧れのワットアルン。

 

f:id:outblue69:20151216103203j:plain

 

近づくとその細かさと美しい色彩にため息がでます。

・・・カラフルとも違うしなんともオリエンタルな色づかい。

 

f:id:outblue69:20151216103458j:plain

f:id:outblue69:20151216103600j:plain

 

登れるところまで登ってみると、

こんな風景に出会えました!

 

f:id:outblue69:20151216103823j:plain

 

憧れのワットアルンを満喫しました。

コップン・カー(^^)/

 

 

 ふたたび川を渡ってワット・ポーへ

 

 

お次は、川の向こう側へ戻り、

バンコクの寺院の代表的存在のワット・ポー。

f:id:outblue69:20151216104345j:plain

 

大寝釈迦仏の全長は48m。

なんとか、頭が入った!

 

巨大な足の表と裏。

裏が貝細工になっていてとてもキレイでした。

f:id:outblue69:20151216104605j:plain

 

f:id:outblue69:20151216104804j:plain

 

煩悩の数、108つの器にお賽銭を入れていきます。

世界各国の観光客がチャリンチャリンとお賽銭を入れる光景は、なかなか面白かったです。

 

f:id:outblue69:20151216105042j:plain

f:id:outblue69:20151216105129j:plain

 

タイの方たちは老若男女、信仰深いなぁ・・と感心しました。

 

 

そしてピッカピカのエメラルド寺院、最後に王宮へ

 

 

3か所目は・・・じゃん!

エメラルド寺院。

f:id:outblue69:20151216105608j:plain

 

コレが、ザ・バンコクと言ってもいい位のピッカピカ加減!

アップにするとほら、こんなにピカピカ。

f:id:outblue69:20151216105906j:plain

 

エメラルド仏がある本尊は、カメラNGでした。

そして入口は、ものすごい人でした。(ちょっと危険なぐらい)

 

f:id:outblue69:20151216110134j:plain

 

ほんと、きれいだったなぁ。

 

f:id:outblue69:20151216110236j:plain

 

市内観光の最後は 、王宮。

王宮は年末で人がさらにいっぱいで、この日は軽く撮影だけで許してねとのこと。

さすがバンコクの観光名所だもんね。

f:id:outblue69:20151216110710j:plain

 

王宮のまわりもたくさんの人。

これは午後のツアーはどうなっちゃうの??

暑いし、人は多いし、市内観光は午前中のほうがやっぱりおススメですね。

 

f:id:outblue69:20151216110921j:plain

 

ここで、ガイドさんから、帰りはホテルまで送ってもらうか、免税店へおろしてもらうか、このまま王宮近辺をもう少し散策するか、それぞれリサーチ。

私たちはインペリアルクィーンズホテルまで送ってもらい、そのあと軽くランチしようということにしました。

 

東南アジアは、深夜帰国・・・のパターンが多いと思いますが、女性同士ならスパをゆっくり~のプランもいいですよね。

 

でも夫婦旅行だったら、帰国日に市内観光のオプショナルツアー、いい感じに疲れて帰りの便も爆睡できますよ~、ぜひみなさんも参加されてみてはいかがでしょうか(^^)

 

*** 関連記事 ***

 

outblue69.hatenablog.com

outblue69.hatenablog.com

outblue69.hatenablog.com